ムテキ(MUTEKI)は、主要な仮想通貨をリバランスして仮想通貨の枚数を増やしていく自動取引システムです。

過去の運用データとして平均年利が19.12%という驚異の実績を叩き出しています。

\格安の1,500USDTで販売中/

MUTEKIお申し込みボタン

MUTEKIをご存じの方は、

  • MUTEKIってどんなシステム?
  • どんな人に向いてるの?
  • MUTEKIシステムの値段は?

などの疑問を持たれていませんか。

本記事では、相場に関係なく仮想通貨を増やせるMUTEKIシステムについて、

  • 効率的に資産を増やせる4つのシステム
  • MUTEKIシステムのメリット・デメリット
  • MUTEKIシステムの価格

について、わかりやすく解説します。

仮想通貨を運用してみたいけれど、知識や経験がなくて不安といった初心者の方にMUTEKIを導入するメリットについてお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください

MUTEKIの購入方法をクリックすると、買い方の操作手順(図解)にジャンプできます。

また、購入を迷っている方は、以下のMUTEKI最新情報SNS各種のフォローで情報を取得可能です。

\導入検討中なら登録必須/

MUTEKI公式LINEボタン

\最速サポートこちら/

MUTEKIオープンチャットボタン

\フォローで最新情報をキャッチ/

MUTEKIツイッターボタン

 

\MUTEKI公認インフルエンサー解説動画も/

ムテキ(MUTEKI)とはBitget上で提供される次世代仮想通貨取引システム

ムテキ(MUTEKI)とはBitget上で提供される次世代仮想通貨取引システム

ムテキ(MUTEKI)とはBitget上で提供される次世代仮想通貨取引システムです。

資産を安全に運用するために、世界トップクラスの仮想通貨取引所Bitget上で稼働しています。

\格安の1,500USDTで販売中/

MUTEKIお申し込みボタン

\MUTEKI稼働にはBitgetの口座も必要です/

3種類の仮想通貨をリバランスしながら投資を行い、継続的に資産を増やすことを目的としています。

リバランスとは値上がりした銘柄を売り値下がりした銘柄を買い増しながら、ポートフォリオを最適な配分比率にすることです。

つまりMUTEKIは、暗号通貨の「現物」を多く所有できるように運用し「確実」に資産を増やせる画期的なシステムです。

現在(2022年7月)、MUTEKIで運用できる仮想通貨は、

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • TRX
  • ATOM
  • EOS
  • BGB
  • FIL

の8通貨です。

この中から、3種類の通貨を選んで運用します。

独自の統計的裁定取引「StatArb」で資産を増やせる

MUTEKIは独自の統計的裁定取引「StatArb」で資産を増やします

統計的裁定取引とは、わかりやすくいうと、高い銘柄を売り、安い銘柄を買い増しすることで差額分の利益を得る取引方法です。

たとえば、AさんとBさんがそれぞれ違う取引所で1BTCを購入したとしましょう。

Aさん:購入金額6,303,000円 売却金額6,337,000円

Bさん:購入金額6,337,000円  売却金額6,320,000円

上記の例を見ると、Aさんの購入金額よりもBさんの売却金額の方が高いのがわかります。

つまり、Aさんが購入した取引所で1BTCを購入し、Bさんの販売所で1BTCを売却すれば以下の差額が発生します。

差額:6,320,000円−6,303,000円=17,000円

MUTEKIは個人で行うのが難しい取引を自動で行うので、時間をかけずに低リスクで資産を増やすことが可能です。

MUTEKIと仮想通貨市場は相性良好

MUTEKIと仮想通貨市場は相性が良好です。

仮想通貨は価格変動が激しく統計的裁定取引の機会が多いのが理由です。

例えば、BTCの市場価格が下がった場合BTCを売り、価格の高いETHを買い増しして資産価値を均等にします。

MUTEKIはマイナスに捉えがちな仮想通貨の激しい価格変動をプラスに利用し、効率的に稼げる仕組みを構築しています。

MUTEKIは手動で困難な取引を完全自動化

MUTEKIは手動では困難な取引を完全自動化しています。

流動性を供給する「自動ポートフォリオ管理システム」を採用し、個人が参入しにくいLP(LiquidityProvider)による運用を誰でも少額で行うことができるからです。

LPでは、市場に流動性(コインの返金化や他のコインへの交換が簡単にできるかの度合いを表す)を提供し、その対価としてリターンを獲得します。

DeFiやLPの専門知識がなくても、MUTEKIを使えば、難しい取引を完全自動化してくれると考えるとわかりやすいでしょう。

MUTEKIは実績が明確(総枚数の平均年利19.12%)

MUTEKIは実績が明確(総枚数の平均年利19.12%)

MUTEKIは、総枚数の平均年利19.12%の実績があります。

10万円を投資すると1年間で約2万円の利息が付く計算です。

日本の定期預金の年利が0.002%ですので、MUTEKIの平均年利が突き抜けていることがわかりますね。

仮想通貨レンディングやイールドファーミングなどのステーキングと比較しても、非常に高い利回りを安定的に得ることが期待できます。

今後2年間でMUTEKI運用すると資産は5.5倍増加の見通し

今後2年間でMUTEKIを運用すると資産は5.5倍に増加する見通しです。

MUTEKIのシミュレーションでは、今後2年間でビットコイン価格そのものも上昇し、1BTCが250万円から1000万円の価値になると予測しています。

今後2年間でMUTEKI運用すると資産は5.5倍増加の見通し

BTCの価格上昇とMUTEKIの収益の2つを組み合わせると、資産が5.5倍になるという見通しです。

仮想通貨の成長に波乗りして資産を大きく増やすことが可能です。

交換所向けの「業務用マーケットメイク」システム実装

交換所向けの「業務用マーケットメイク」システム実装

MUTEKIは交換所向けの「業務用マーケットメイク」システム実装しています。

マーケットメイクとは、買い注文とそれよりわずかに高い売り注文の両方を入れて待つ戦略のこと。指定した注文が売買されたら差額分が利益になる戦略です。

高頻度の自動注文により、仮想通貨の買値と売値の差額を稼げるからです。

さらに、リバランスとマーケットメイクを組み合わせて枚数を調整していくため、ダブルで収益が期待できます

業務用マーケットメイクより、あなたは、常にモニターやチャートを監視することから解放されます。

APIにより資産の預け入れ不要

APIを活用しているため、MUTEKIへの資産の預け入れは不要でありセキュリティに優れているのも特徴です。

APIとは「Applicstion Programming Interface 」の略で、ソフトフェアと異なる機器をつなぐ仕組みのことです。

APIによってMUTEKIとBitgetが紐付けされており、自分の口座で運用・出金ができます。

自分で資産を管理できるので、運営の持ち逃げによる詐欺リスクはもちろんゼロです。

ムテキ(MUTEKI)の仮想通貨システムは長期ホールド「プラスα」の収益機会を提供

ムテキ(MUTEKI)の仮想通貨システムは長期ホールド「プラスα」の収益機会を提供しています。

あらためて、仮想通貨の長期ホールド戦略が正しい根拠について、仮想通貨業界の、

  • 2008~2014年
  • 2017~2018年
  • 2020年
  • 2021年
  • 2022年以降の勝者も引き続き「現物保有者」
  • 2024年、BTCは半減期で1,000万円と予想

の歴史的な流れを振り返っておきましょう。

2008~2014年

2008年から2014年は、

  • 2008年:サトシ・ナカモトがブロックチェーン技術を発明し、暗号技術によって取引履歴を正確に証明できるようになる
  • 2010年:初めて決済に利用された1BTCの価格は0.2円だったが、2か月後に35倍には7円へ高騰
  • 2014年:マウントゴックスのハッキング事件の影響で18,000円に下落、マイクロソフトの決済手段にBTCが採用され40,000円まで価格が上昇

ブロックチェーン技術の誕生により、世界の金融システムに大きな革命を与えました。

2017~2018年

2017〜2018年は、億り人が誕生したことから仮想通貨元年と呼ばれ、

  • 2017年:IOC投資(新規通貨上場投資)がブームとなり、2017年末には1BTCが200万円に高騰
  • 2018年:Coincheckのハッキング被害により約580億円が流出し、BTCの価格はピーク時の70%下落

ICO投資で詐欺が多発したことから相場への不安が高まり、市場全体が下落傾向になりました。

2020年

2020年の特徴は、DeFi(分散型金融)の誕生です。

PayPalに仮想通貨決済が導入され、新規参入者が増えた影響でBTCの価格は約240万円と最高値を更新しています。

DeFiプロジェクトでは詐欺事件が発生し、一般人が被害に遭っています。

2021年

2021年はNFTのバブルが起こり、人気NFTコレクション「Crypto Panks」は最高27億円で取引されています。

他にもLINEやMasterCardなどの大企業が新規参入したことで大きな話題となりました。

大企業や投資家、インフルエンサーなどが続々と仮想通貨業界に参入した結果、1BTCは最高で800万円を超えています。

2022年以降の勝者も引き続き「現物保有者」

2022年以降の勝者も引き続き「現物保有者」となります。

これまで仮想通貨投資で莫大な利益を得ているのは、主要銘柄を多く保有し、長期間運用を続けた人です。

例えば、2016年からBTCを保有していた場合、BTCが800万円に値上がりした際には、約160倍の利益を獲得できます。

2025年に向けて仮想通貨市場は急速に成長していくと予想されているので、いかに「現物」を増やすかがポイントになります。

リスクの高い投機的なギャンブルをしなくても、MUTEKIを利用すれば確実に資産が増えていくでしょう。

2024年、BTCは半減期で1,000万円と予想

2024年、BTCは半減期で1,000万円と予想

2024年、BTCの半減期には価格が1,000万円に上昇するとApple社の共同創立者「ウォズニアック氏」は予想しています

BTCの半減期とは、BTCの供給を半分にすることでインフレを防ぐ仕組みです。

これまでに半減期は2012年、2016年、2020年の4年間隔で発生しています。

半減期にはBTCの市場流通量が減るため、価格が上昇してきました。

実際に、2020年5月に発生した半減期では、BTCの価格は4倍の上昇を見せています。

半減期の前後は価格が上昇する傾向があるので、半減期に備えて買いやすい今から投資を始めましょう。

\格安の1,500USDTで販売中/

MUTEKIお申し込みボタン

\MUTEKI稼働にはBitgetの口座も必要です/

ムテキ(MUTEKI)で仮想通貨を運用するデメリット

ムテキ(MUTEKI)で仮想通貨を運用するデメリットとして、

  • Bitgetの取引手数料が仕組み上発生する
  • 短期(1週間など)では億り人を目指せない

の2点を解説します。

Bitgetの取引手数料が仕組み上発生する

Bitgetの取引手数料が仕組み上発生します。

MUTEKIは手数料が無料ですが、Bitgetを使用する際の取引手数料は別途かかります。

一般的な仮想通貨取引所においてもある程度の手数料はかかるので、許容範囲といえるでしょう。

短期(1週間など)では億り人を目指せない

MUTEKIでは、1週間などの短期間で億り人を目指せません。

中長期の保有により安定的に資産を増やしていく仕組みだからです。

暗号通貨は短期間で資産が半分になるケースも多く、初心者には短期間のトレードは不向きです。

MUTEKIは、2025年までに資産20倍を目指す投資戦略を推奨しており、安定的に資産を増やしたい方に向いています。

短期トレードで稼ぎたい方は、MUTEKIでの運用はおすすめしません。

ムテキ(MUTEKI)は本当に儲かる?そのメリットを解説

MUTEKIを本当に導入すべきなのか、と疑問の方に向けて、ここからは、

  • 利益を生むスキーム(アルゴリズム)が堅牢
  • 安全性と透明性が高い
  • 誰でも取り組める
  • いつでも運用中断可能

の4点について解説します。

利益を生むスキーム(アルゴリズム)が堅牢

MUTEKIは、利益を生むスキーム(アルゴリズム)が堅牢です

仮想通貨取引所が業務用に導入する「法人向けのシステム」を元に制作されているからです。

独自の均等アルゴリズムにより、価値が上昇した通貨を売り、価値が下落した通貨を買うことで効率よく現物を増やします。

安全性と透明性が高い

MUTEKIは高い安全性と透明性を兼ね備えています。

MUTEKIがユーザーの資産を動かせないようになっており、安全性の高いBitgetを通して取引を行うからです。

Bitgetは

  • 米国MSBライセンス
  • カナダMSBライセンス
  • オーストラリアDCEライセンス
  • Exemtion of provision of Cryptocurrency Pyament Services in Singapore

の4つの金融ライセンスを取得してます。

また、強固なセキュリティとして、

  • 12種類のSSL指標でAプラス
  • セキィリティの評価機関「Cyber security  rating」から星3つ

といった最高評価をいただきました。

以上のことから、安全性・透明性共に評価の高いシステムで大事な資産を失うリスクは低いといえるでしょう。

また、確かな運用実績が公表されている点が安心材料となります。

安全性と透明性が高い

 

誰でも取り組める

MUTEKIは誰でも取り組める投資システムです。

専門知識や特別なスキルがなくても独自のアルゴリズムにより、完全自動で資産運用を始められるからです。

毎日モニターに張り付いて投資を行うには時間を確保する必要があり、忙しい方にはハードルが高いといえます。

MUTEKIは最初に簡単な設定を行うだけで始められますので、投資初心者の方にピッタリです。

いつでも運用中断可能

MUTEKIはいつでも運用を中断できます。

一般的なレンディング(仮想通貨を貸し出して利息を得る)やステーキング(仮想通貨を預けて報酬を得る)サービスは取引所からロックされていることが多く、一定期間仮想通貨を引き出せません。

ロックのデメリットは、期間中に仮想通貨の価格が暴落する可能性があることです。

MUTEKIは好きなタイミングで運用を中断できるので、必要なときに自由に資産を引き出せます。

いつでも運用を中断できるMUTEKIは気軽に始められるといえます。

ムテキ(MUTEKI)の「仮想通貨の枚数を増やす」戦略が正しい根拠

ムテキ(MUTEKI)の「仮想通貨の枚数を増やす」戦略が正しい根拠として、

  • 根拠①ビットコインや主要アルトは歴史的に上昇している
  • 根拠②大企業が参入しており、上位の仮想通貨の追い風が強まる

の2点をわかりやすく解説します。

根拠①ビットコインや主要アルトは歴史的に上昇している

根拠①ビットコインや主要アルトは歴史的に上昇している

1つ目の根拠として、ビットコインや主要アルトコインは歴史的に上昇している点があげられます。

BTCを始めETH、XRP、ADA、BNBなどの複数のアルトコインを保有している投資家の平均資産増加率は5倍以上です。

さらに、5年前からBTCと主要アルトコインを保有している場合は資産を100倍以上に増やしています

したがって、安定的に価値上昇が見込める暗号資産を保有し、保有枚数を増やしていくことが勝ちパターンになります。

ビットコイン(BTC)価格の上昇

ビットコイン(BTC)価格の上昇

出典:CoinMarketCap

BTCの価格推移を見ていきましょう。

  • 2013年10月1日 16,756円
  • 2021年11月2日 8,293,242円(過去最高額)
  • 2022年7月現在 3,056,428円

2013年から2021年の8年間で、BTCの価格が約500倍上昇していることがわかります。

現在は、仮想通貨全体の価格が下落傾向で300万円台まで値下がりしていますが、2024年には、約1000万円に到達するといわれています。

大きく価格を下げている今が大きく資産を増やせるチャンスです。

イーサリアム(ETH)価格の上昇

イーサリアム(ETH)価格の上昇

出典:CoinMarketCap

ETHはビットコインに次いで、時価総額2位の仮想通貨です。

ETHの価格推移は、

  • 2015年8月3日 256円
  • 2021年11月8日 534,207円(過去最高額)
  • 2022年7月現在 210,077円

となっています。

仮想通貨比較サイトFinder社は、イーサリアムが2025年までに約1.8万ドル(約246万円)、2030年までに約7.2万ドル(約986万円)になると予測しています。

リップル(XRP)価格の上昇

XRP(リップル)価格の上昇

出典:CoinMarketCap

XRPのこれまでの値動きは以下の通りです。

  • 2013年8月13日 0.4272円
  • 2018年1月3日 348.55円(過去最高額)
  • 2022年7月22日 49.16円

CoinSwitchの予想では、XRPは2025年までに4.6ドル(約630円)、2030年までに17.0576ドル(約57,000円)に達するとされています。

MUTEKIならBTC&主要アルトの「枚数」を増やせる

MUTEKIならBTCと主要アルトコインの「枚数」を増やせます。

枚数を増やすことに特化した独自のアルゴリズムで稼働しているからです。

以下は2014年12月から2022年5月まで3通貨(BTC、ETH、XRP)をMUTEKIで運用した際の通貨枚数です。

 

通貨名(2014年12月) 通貨枚数
1BTC/1USDT 1.00
1ETH/1USDT 144.93
1XRP/1USDT 13511.69

 

通貨名(2022年5月31日) 通貨枚数
1BTC/1USDT 4.32
1ETH/1USDT 68.61
1XRP/1USDT 328,023.46

仮想通貨の総枚数は8年間で約24倍に増えています。

8年間に複数回の大きな価格変動がありましたが、総枚数を減らすことなく運用できているのはMUTEKIシステムが本物であることを証明しています。

根拠②大企業が参入しており、上位の仮想通貨の追い風が強まる

根拠②大企業が参入しており、上位の仮想通貨の追い風が強まる

2つ目の根拠として大企業が参入しており、上位の仮想通貨の追い風が強まる点です。

暗号通貨市場に大企業が続々と参入することで巨額の資金が流れ込み、市場が活性化していくことは間違いありません

2021年、テスラ社CEOのイーロン・マスク氏は2,000億円相当のBTCを購入し、BTCを自動車購入の決済手段に導入したことで大きな話題となりました(2022年7月現在、テスラ社はBTC決済を停止している)。

2021年末には、大企業や機関投資家の相次ぐBTC購入により、1BTCの価格は800万円を超えています。

市場規模は2022年から2030年にかけて年間85.9%で成長すると予測されており、中長期に主要通貨の「枚数」を多く保有することで資産の雪だるま式増加が期待できます。

MUTEKI稼働のBitget(ビットゲット)は業界屈指の仮想通貨取引所

MUTEKI稼働のBitget(ビットゲット)は業界屈指の仮想通貨取引所

MUTEKIが稼働しているBitget(ビットゲット)は業界屈指の仮想通貨取引所です。

\格安の1,500USDTで販売中/

MUTEKIお申し込みボタン

\MUTEKI稼働にはBitgetの口座も必要です/

名門サッカークラブ「ユベントス」のオフィシャルパートナーであり、人気サッカー選手「本田 圭佑氏」とアンバサダー契約を締結しています。

また、世界的に人気のゲーム会社SNKやAnlanCapitalなどから総額1000万ドルの出資を受けています。

Bitgetが世界中で利用される理由として、

  • CoinMarketCap取引所ランキング25位
  • 取引高(24時間)は¥58,601,446,696
  • 305以上の通貨ペアを上場
  • 業界最安手数料
  • 充実のカスタマーサポート

という点があげられるため、詳細を解説します。

CoinMarketCap取引所ランキング25位

BitgetはCoinMarketCap取引所ランキング25位です。

CoinMarketCapは市場のほぼすべての取引所と仮想通貨の情報をまとめた業界でもっとも権威あるWebサイトの1つです。

ランキング上位であるほど利用者が多く、取引所としての信頼性が高い証拠となります。

取引高(24時間)は¥58,601,446,696

Bitgetの24時間の取引高は、2022年7月現在、58,601,446,696円(約586億円)です。

国内取引所Coincheckの取引高が7,352,007,596円(約73億円)なので、約8倍の差があります。

Bitgetに馴染みが少ない方もいるかもしれませんが、海外では多くのユーザーに利用されている取引所です。

305以上の通貨ペアが上場

Bitgetでは305以上の通貨ペアが上場しています。

国内取引所で取り扱っている通貨ペアが平均15〜20個であることから、数多くの通貨ペアを取り扱っているといえるでしょう。

国内取引所の取り扱い通貨の一例として、

  • Coincheck 17種類
  • bitFlyer 14種類

となっています。

Bitgetは取引通貨ペアが豊富なので選択肢が多く、今後MUTEKIがアップデートされれば対応通貨が増えることも期待されます。

業界最安手数料

Bitgetの手数料は業界最安です。

現物取引(取引所を通して株の売買を行うこと)の手数料はMaker0.1%、Taker0.1%です。

  • Maker:取引板(買い注文と売り注文の価格一覧表)に新しく注文を出すこと
  • Taker:Makerの注文を買い取引を成立させること

    大手取引所Binanceの取引手数料が一律0.1%ですので、Bitgetは平均的な水準といえます。

    Bitgetの独自トークン「BGB」を使用した場合、取引手数料はMaker、Taker共に0.08%と業界最安値になります

    そのため、MUTEKIを利用する場合はBGBトークンの保有がおすすめです。

    充実のカスタマーサポート

    Bitgetはカスタマーサポートが充実しています。

    公式サイトとカスタマーサポートは日本語対応で、解説用の動画コンテンツが用意されています。

    日本語表現が不自然な点もまれに見受けられますが、十分理解できる範囲ですので、英語が苦手な方でも大丈夫です。

    ムテキ(MUTEKI)仮想通貨取引システム利用条件・価格詳細

    ムテキ(MUTEKI)仮想通貨取引システム利用条件・価格詳細として、

    • システム料金
    • 月額費用
    • MUTEKIプレオープン記念ボーナス詳細

    の3点を解説します。

    システム料金

    システム料金は、1500USDT(2022円7月時点のレートで約16万円)での買い切り型です

    月額費用

    月額費用は0円です。ただしBitgetで発生する取引手数料は自己負担になります。

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方について解説します。

    以下のMUTEKI公式サイトにアクセスしましょう。

    \格安の1,500USDTで販売中/

    MUTEKIお申し込みボタン

    次に以下の項目を入力します。

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方

    1. メールアドレスを入力
    2. ニックネームを入力
    3. 任意のパスワードを入力
    4. 規約同意にチェック
    5. 登録するをクリック

    すると、4桁の数字(登録コード)が登録したメールアドレスの受信ボックスに届きます。

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方

    ※届かない場合、迷惑メールフォルダで受信していますので、ご確認をお願いします。

    4桁の番号を入力すると、以下のマイページトップに推移します。

    MUTEKIログイン画面から一度ログアウトされた方も再度ログインして購入可能です。

    マイページトップから、「BOT購入」をクリックしましょう。

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方

    以下のように、①QRコードと②ウォレットアドレスが表示されます。

    ムテキ(MUTEKI)の購入方法・買い方

    どちらか好きな方法で記載の購入代金を送金しましょう。

    ②の送金先アドレスをウォレットにコピペし購入するのがもっとも一般的で簡単です。

    送金が完了したら、MUTEKIの購入は完了です。

    \格安の1,500USDTで販売中/

    MUTEKIお申し込みボタン

     

    \MUTEKI公認インフルエンサーによる購入方法解説動画も/

    ムテキ(MUTEKI)の購入後の設定方法、始め方

    ムテキ(MUTEKI)は購入後、仮想通貨取引所Bitgetと接続して使用します。

    上記からMUTEKIを購入後、

    1. Bitgetへの口座開設
    2. MUTEKIで運用する仮想通貨をBitgetへ入金
    3. BitgetのAPIを設定する
    4. ボットを設定する

    の4ステップで導入手続きを進めてください。

    以下、①のBitgetへの口座開設から順番に解説します。

    ※MUTEKIは現在、早期プレオープン期間です。そのためサイトの一部表記が変更され、以下の内容と完全に一致しないことがある点をご了承ください。

    ①Bitgetへの口座開設

    Bitgetの口座開設ページへアクセスしましょう。

    \MUTEKI稼働にはBitgetの口座も必要です/

    上記をクリックしたら、以下の項目を入力します。

    ①Bitgetへの口座開設

    • 電話番号orメールアドレス
    • 8~32桁の任意のパスワード
    • パスワードを再度入力(確認用)

    最後に、「登録」をクリックします。

    すると画面が切り替わるので、入力したメールアドレスに届いた認証コードを下記画面の赤枠内に入力します。

    ①Bitgetへの口座開設

    認証コードを入力後、登録完了をクリックすれば口座開設が完了します。

    ②MUTEKIで運用する仮想通貨をBitgetへ入金

    MUTEKIを使える海外取引所Bitgetに仮想通貨(例:ビットコイン)を入金します。

    まずは右上の人形マーク→入金の順にクリックするか左側の入金するをクリックします。

    ②MUTEKIで運用する仮想通貨をBitgetへ入金

    画面が切り替わるので、以下の手順に従って入力します。

    1. 入金する仮想通貨の種類を選択
    2. 赤枠に記載の「送金先アドレス」をコピーし、国内取引所やメタマスクなどの送金元にペーストし送金します
    3. Bitgetの入金履歴への反映を確認してください(ブロックチェーンの送金時間によりタイムラグが発生する可能性があります)

    ②MUTEKIで運用する仮想通貨をBitgetへ入金.2

    続いて、BitgetでMUTEKI用の仮想通貨3種類を用意します。

    MUTEKIの対応通貨は、2022年8月現在

    • BTC
    • ETH
    • XRP
    • TRX
    • ATOM
    • EOS
    • BGB
    • FIL

    の8種類です。

    MUTEKIでは、このうち3種類の仮想通貨をほぼ同じ価格相当分を用意したうえで運用する必要があります。

    Bitgetにて3種類の仮想通貨を用意するには、以下の取引画面を開きましょう。

    ②MUTEKIで運用する仮想通貨をBitgetへ入金

    1. 「現物」をクリック
    2. 通貨ペア一覧から用意したい仮想通貨の購入に必要な通貨ペアを選択
    3. 仮想通貨の数量を入力(もしくはバーをスライド)
    4. (ビットコインの場合)「買うBTC」をクリック

    他の2種類の通貨も、同じ要領で購入しましょう。

    ③BitgetのAPIを設定する

    MUTEKIは「API」より、BitgetとMUTEKIシステムを接続して運用をおこないます。

    まずはBitgetにログインします。

    続いて、

    上記のURLへ移動しましょう。

    アカウント情報→API管理の順にクリックしてもOKです。

    ③APIを設定する(Bitget側)

    URLへ移動したら、「新しいAPIの作成」を選択します。

    ③APIを設定する(Bitget側)2

    すると、以下の画面が表示されます(2段階認証をしていない場合のみ)。

    2段階認証を設定していない場合には、セキュリティ設定をするをクリックして、設定を済ませておきましょう。

    ③APIを設定する(Bitget側)3

    2段階認証を設定には「Google Authenticator」を使います。

    不明点がある場合、二段階認証「Google Authenticator」の設定方法を参考にしてください(※外部サイト)。

    設定がお済みの方は、以下の①~⑥を操作します。

    ③APIを設定する(Bitget側)4

    1. ニックネームを入力してください
    2. 任意のパスフレーズを設定します。後の『MUTEKI API設定』で利用するため控えておいてください。
    3. 「トレード」にチェックを入れます
    4. 「次」をクリックして、メールに届いた認証コードを入力します
    5. Google Authenticatorの2段階認証コードを入力します
    6. 「次」をクリックします

    すると、次のように「アクセスAPIキー」と「キー」が記載されたページに移動します。

    ③APIを設定する(Bitget側)

    「アクセスAPIキー」と「キー」は後ほどMUTEKIとの接続に必要となるため、このまま開いておきましょう。

    ④ボットを設定する

    ダッシュボードでボットセットアップボットサーバーをクリックします。

    ④ボットを設定する

    すると、以下のサービス紹介画面が表示されるので、次へをクリックし続け、最後に閉じるをクリックします。

    ④ボットを設定する2

    ④ボットを設定する3

    MUTEKIのパスワード入力画面が表示されるので、ログインパスワードを入力してください。

    ④ボットを設定する4

    すると、下記画面が切り替わります。

    ④ボットを設定する5

    以下の項目を入力してください。

    1. API Key:BitgetのアクセスAPIキーを入力
    2. Secret:Bitgetのキーを入力
    3. ボットサーバー名:任意
    4. パスフレーズ:Bitget API設定で設定したパスフレーズ

    入力が終わったら、次へをクリックします。

    画面が切り替わったら見込収益率注文幅を入力します。

    どちらかを入力すると、もう一方も自動的に入力されます。

    入力欄以降の説明を参考にし、任意の値を入力後に確認するをクリックします。

    ④ボットを設定する6

    入力後、自動残高機能を利用する際は以下の画像が表示されます。

    ④ボットを設定する7

    さらにスクロールすると、下記画像が表示されるので上記を了承した上で指定ペアの残高の自動調整を行うのチェックボックスをクリックしてください。

    ④ボットを設定する8

    チェックを付けたら、次へをクリックします。

    すでにBitgetのウォレット残高が適正であれば下記画像が表示されるので、保存するをクリックします。

    ④ボットを設定する9

    最後にボットの起動確認画面が表示されるので、起動するをクリックすれば完了です。

    ムテキ(MUTEKI)に関するよくある質問と回答

    ムテキ(MUTEKI)に関するよくある質問と回答にお応えします。

    Q:MUTEKIのメリットとデメリットを簡潔に教えてください

    • メリット:暗号資産の枚数をほぼ確実に増やすことができる画期的なアルゴリズムを、個人が購入可能な価格帯で導入できます。また、完全放置で運用可能です。
    • デメリット:法定通貨建てで考えると、選択した暗号資産の価値が下がると損益がマイナスになるケースもあります。

    Q:MUTEKIの対応通貨は?

    A:現在、以下の8通貨から3種類の通貨を選んでリバランス運用できます。

    • BTC
    • ETH
    • XRP
    • TRX
    • ATOM
    • EOS
    • BGB
    • FIL

    今後BNB(バイナンスコイン)など多数のトークンに対応する予定です。

    MUTEKIは価格変動が大きいほどリバランスがおこなわれて年利が上がりますので、値動きの激しいアルトコインが追加されるほど、年利の上昇が期待できます。

    Q:MUTEKIの最少運用金額はいくらですか?

    A:3通貨合わせて1000ドル相当の仮想通貨です。取引所の最低注文量に引っかかってしまうため、各通貨の価格変動も含めて1,000ドル以上をMUTEKIでは推奨しています。

    Q:1,000ドル以上を用意しましたが稼働できません。どんな理由が考えられますか?

    A:注文幅の設定を見直してみてください。MUTEKIの運用条件は、「運用残高×注文幅>40USD」です。例:1,000ドルですと、注文幅を5%以上に設定するが必要あります。あわせて、稼働するためには3通貨のデポジットをそれぞれ0より大きい数字にする必要があるため、こちらもあわせてご確認ください。

    Q:MUTEKIのシステムは買い切りですか?

    A:はい、買い切りです。サブスクリプションではありませんので、一度購入しただければ永年使用できます。

    ムテキ(MUTEKI)まとめ

    MUTEKIは価格上昇が見込める主要コインを運用し、中長期で枚数を増やしていく自動売買システムです

    本記事のまとめは以下の通りです。

    • MUTEKIは総枚数の平均年利19.12%の実績がある
    • 個人口座でいつでも運用・出金可能
    • 合計8通貨から3種類の通貨を選んで運用できる

    仮想通貨やFXでの自動売買システムは数多くありますが、ほとんどは高利回りを謳い文句にした詐欺案件になります。

    しかし、仮想通貨を保有するだけでは、効率的に資産を増やすチャンスを失ってしまいます。

    MUTEKIは、2014年から年単位で枚数を減らしていない確固とした運用実績があり、信頼性が高いです。

    2025年までに資産を20倍を目指すために、実績の証明されたMUTEKIシステムで早めに投資を始めましょう

    MUTEKI(ムテキ)最新情報SNS各種一覧

    \格安の1,500USDTで販売中/

    MUTEKIお申し込みボタン

    \導入検討中なら登録必須/

    MUTEKI公式LINEボタン

    \最速サポートこちら/

    MUTEKIオープンチャットボタン

    \フォローで最新情報をキャッチ/

    MUTEKIツイッターボタン

    なお、MUTEKI最新情報については、公認インフルエンサーであるBitmoon Gold|MUTEKI解説ブログ記事からも発信されています。

    上記も合わせてご覧ください。